息もつかさず跳ねる子供と冷めた夕飯釣り名人に声をかけるな

「トマトジュース」は好き?嫌い?さまざま感じ方があるかもだけど、さほど悪いもんじゃないんじゃないかな、「チャーハン」って。そう感じたりしない?

喜んで踊るあの子とオレ

関東地方で江戸の頃より賑わっている下町、台東区にある浅草。
最も古いお寺が浅草寺だ。
まさにこの頃、浅草寺詣でに行ってきた。
久しく向かう東京の浅草参拝。
さらに、自身で正しく見て理解したことが、日本人以外の観光客が多いという事実。
色んな国からツアー客の集まる浅草、ちょっと前よりどう見ても増えている。
それは世界一の総合電波塔、東京スカイツリーが建った関係もあることは間違いない。
アジア方面からは、羽田空港ハブ化で身近になったという事から、それと、ヨーロッパの方やアメリカ方面は、着物や和装小物に魅力を感じ来る旅行客が多いのかもしれない。
ともあれ、この先の未来も多くの外国人観光客が来るということを想像した。
この国の良さをみつけぜひ楽しんで心に残る思い出にしてほしい。
私はというと、仲見世通りを思いっきり散策することができた。
お土産に名物の人形焼と、雷おこしをたくさん買って、櫛やかんざしも見せてもらった。
宝蔵門を抜けると、豪華絢爛な浅草寺本堂が見えてきた。
こちらの瓦屋根は、雨に濡れてもさびにくいチタンを使って、改修工事を行ったという。
本堂の観音様に日々の健康に感謝ししっかりご参拝してきた。
努力が必ず実るといいなと。

余裕で走る彼女と電子レンジ
離れた実家に住んでいる俺のお母さんも孫娘だといって、めっちゃたんまりお手製のものを縫って送ってくれている。
キティーちゃんが大変好きだと伝えたら、話したキャラの布で、作成してくれたが、生地の金額が大変高くてびっくりしていた。
縫物の為の生地は縦、横、上下の方向があり面倒だそうだ。
だが、豊富に、ミシンで縫って作ってくれて、送ってくれた。
孫娘は大変愛らしいのだろう。

汗をたらして話す兄弟と夕立

憧れの寒い寒いロシアに、一回は行こうとと夢を持っている。
英語のクラスに飽きた時、ロシア語の基礎をかじってみようかと思い立ったことがある。
ところが、立ち読みしたロシア語のテキストを見て速攻であきらめた。
動詞活用の種類が限りなく多かったのと、私にはできない巻き舌も多い。
観光目的でグルジアワインとオリビエを味わいに行きたいと思う。

薄暗い火曜の朝にお菓子作り
オフィスで身に着けるパンツスーツを購入しに行った。
コムサ等フォーマルなお店も良いけれど、天神コアも有りだと思う。
気が強そうで活発な女性向けのファッションビルで、ラインが強調されるファッションが多いのが特徴。
金額は店によって差が出てくるが、なんとなくお手頃。
そして、製品を探していたが、小さめの物が多く置かれていた。
着た感じも、ちょっとはお洒落に見える気がする。
良い買い物ができて、すごくラッキーだった。

寒い日曜の午後は散歩を

友人のマンションのベランダで育てているトマトは、不幸な運命かもしれない。
枯れる直前まで水分をあげなかったり、たまにコーヒーをあげたり、オレンジジュースをあげたり。
酔った私たちに、ビールを与えられた時もあり。
トマトの親である彼女は、機会があれば絶対トマトジュースをあげてみたいという。
私たちの中でトマトの気持ちは全く無視。

雲の無い仏滅の昼は座ったままで
甘い物が非常に好みで、洋菓子や水ようかんなどを自分でつくるけれど、娘が大きくなって自作するものが制限されてきた。
私たち夫婦が大変喜んで食べていたら、子供が自分も口にしたがるのは当然なので娘も食べてもいいお菓子をつくる。
自分は、チョコ系のスイーツがすごく好きだけれど、娘にはチョコ系などはまだ食べさせたくないのでつくるのを控えている。
ニンジンやリンゴをいれたケーキが体にも良いと考えているので、砂糖とバターを控えめに入れる。
笑顔でおいしいと言ってくれたら、めちゃめちゃつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
ここ最近、ホームベーカリーも使ってつくったりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

騒がしく歌う家族とオレ

少年は真夜中の3時に眠りから覚めてしまった。
夏休みもすでに一週間程度過ぎた頃だった。
暑くて寝苦しくて深く眠れなかったようだ。
扇風機は生暖かい風を送るばかりで、全く涼しいとは思えない。

暑くて寝れないし、お腹も減ったので、少年は大好物のカレーを作り始めた。
冷蔵庫を漁り、野菜と肉を準備して、炒め、そして煮込んだ。
夜が明けるころには、家中に芳ばしいカレーの香りが広がっていた。

息もつかさず歌う妹と僕
住んでいた場所が異なると食文化が変わることを結婚してから強く分かるようになった。
ミックスジュース作ろうかと嫁からふと聞かれ、スーパーででも買っていたのかなと考えたら、ミキサーで作るのが普通らしい。
たくさんの果物とアイスをいれこんで、普通の牛乳をさらに加えてミキサーで混ぜて出来上がり。
作ったものを飲んだのは初体験だけれど、しかし、ものすごく美味だった。
美味だったし、おもしろいし、自分でもつくっている。

天気の良い土曜の早朝は読書を

太宰の「斜陽」好きの私は、三津浜水族館近くの安田屋旅館に向かった。
連れとして小説が割と好きな友人。
ここ安田屋旅館は、作家の太宰が斜陽の一部を書くために泊まった有名な旅館。
階段を動くと、ギシギシと、響く。
女将さんに見せてもらったのは、彼が宿泊した二階にある角部屋。
富士が半分、頭を出していた。
旅館前の海の海面にはいけすが張ってあった。
この辺は足を運んだ甲斐があり過ぎ。

無我夢中で泳ぐあの人とオレ
田舎に住んでいたら、ネットショップでものが手軽に買えるようになったのが、とても便利だ。
それは、駐車場がある本屋が市内に一軒だけしかなくて、本の品ぞろえも悪いから、買いたい雑誌も手に入らないからだ。
本屋で取り寄せるよりインターネットで買う方が簡単だ。
だって、本屋に行くだけでマイカーで30分以上かかるから非常にめんどくさい。
ネットショップに慣れたら、なんでもネットショップで買うようになった。
本以外もネットで手に入れるようになった。
電化製品は、ネットのほうが絶対に安いし、型番商品は必ずネット買いだ。
ただ、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。