笑顔で口笛を吹く兄弟と失くしたストラップ釣り名人に声をかけるな

人生において、「娘」のポジションって、どうなんだろう。どうでもいいと思える?「庭師」は、アナタにとって何なんだろう。

風の無い日曜の明け方は熱燗を

ちかことニューヨークのAbercrombie & Fitchに行った。
本当にアバクロンビーのセレブっぽいコーディネイトがお気に入り。
あと、店内の高級感と、満ちている香りが。
2時間程ひやかして、アバクロンビー&フィッチを出た。
すると、私が歩道をふさいでいたので、ごめんなさいと言って後ろを見た。
すると、店に来ていたお兄さん。
笑って、大丈夫ですよ、など言われた。
ビックリしたのは、彼の手荷物。
Abercrombieでどんだけ買い物したの?って疑問が生まれた。
次に入店した、スターバックスで知佳子とその男の人の収入予測で盛り上がった。
答えは謎だけど。

ぽかぽかした日曜の朝は友人と
行ったことはない、だが、夜の動物園は、夜に動く習性の動物がものすごく勢いがあって眺めていてたまらなく楽しいらしい。
気になってはいても、暗くなってからの動物園は動物を観察しに行ったことがないけれど、子供がもう少しだけわかるようになったら見に行ってみようと思う。
もう少し怖がらないようになったら、きっと、娘もはしゃいでくれると思うから。
いつもの動物園と異質のムードを私も家内も少々、見てみたい。

騒がしく話す彼と濡れたTシャツ

すぐ目の前が海というところに私たちは、家があるので、津波を父と母が気をもんでくれている。
ことのほか3月の大震災後は、家がどのくらい海から離れているのかとか逃げるルートは周囲に存在するのかとか口々に言う。
自分と妻も気がかりだけれど、単純に引っ越し先も見つかるわけではない。
そうは言っても、本当に大津波がやってくるとなってしまった時に逃げのびる通り道を思い定めていないとと思うけれど、海沿いしか高台へ行く道路がないので、ちゃんと想像したら危険だと思った。

ゆったりと踊るあなたとあられ雲
会社員だったころ、まったく退職する機会がやってこなかった。
とても辞職したかったわけではないから。
もう余裕がないのかもしれない。
なぜか、その時、熱意を込めて辞めると言った。
こんな日に限り、普段少しばかりまじめだと印象を抱いていたKさんが、こっちに向かってきた。
話している中で、この事態を知るはずもないKさんが「この仕事、しんどいよね。おまえはしばらくやれると思うよ。」と言ってきた。
Kさんに助けられて、泣き顔になった。
私は、その日の帰りに、採用担当に辞めることを撤回してもらった。

怒って叫ぶ弟と夕立

3か月前までまるっきり存在を知らなかったが、水について大丈夫なオムツなるものが存在している。
都市部では、水用オムツを着けて入れる所と入ってはいけないところがあるらしい。
もちろん、赤の他人からは、専用のオムツでも小便など含んでいるオムツで同じところに入られたら、気持ち悪いだろう。
しかれども、親だったら、プールにいれてあげたいと思うし。
とは言っても、逆の立場だとしたらたいそう不快だ。

夢中で話すあの人とオレ
笑った顔って綺麗だなーと思っているので、なるべく笑顔でいれるようにしている。
一応、場所と場合を見て。
けれど、他人に押し付けてはだめ。
結局は、一括では言えないが、自身の考えとして。
業務中は真顔で真剣に仕事していた人が、笑顔になったその瞬間。
もう、大好き。
笑い皺がある人が大好き!と話す友人。
気持ちも納得できるかもしれない。

湿気の多い火曜の深夜に座ったままで

多少時間に余裕があったので、HMVに足を運んだ。
新規でipodに挿入する楽曲を見つけるため。
最近、持ち歩いて楽しんだ曲が西野カナ。
時期に関係なく聞いているのは洋楽。
ヨーロッパの音楽も魅力的だと思う。
そこで、今回借りたのは、セルジュ・ゲンズブールとジェーン・バーキンだ。
甘いヴォイスと仏語がなかなかGOODだと思う。

どんよりした木曜の夕暮れは昔を思い出す
友達の知佳子は頭がキレる。
頭が良いんだろうなーと感じる。
とりあえず他者を悪く言ったりはしない。
あれ?と感じても、少しでも相手の気持ちを尊重する。
そうしているうちに、視野が膨らむし、強くなるのだ。
意見を押しとおす事より、こうしている方が知佳子にとって優先なのかもしれない。
自分が傷つかなくてすむ方法、悲しい思いをしても経験値にするやり方をよく分かっている。

寒い火曜の夜に窓から

現在のネイルブースは、スカルプチュアなど、とても高度な技が駆使されているみたいだ。
少しだけ安くしてくれる招待状をいただいたのでサロンに向かった。
人一倍、柄やデザインに対して、こだわってしまうので、デザインを伝えるのに時間を使った。
薬指だけシンプルなネイルアートをしてもらって、凄くご機嫌になった。

雲の無い月曜の夕方に目を閉じて
ネットニュースを閲覧するけど、紙の媒体を読むことも好きだった。
現在は、無料で見れるネットニュースがたくさんあるから、新聞はもったいなくて買わなくなった。
けれど、小さなころから読んでいたからか、新聞のほうが短時間で多くの情報を得ることができていたけれど、インターネットニュースのほうが関連したニュースをおっていくことが出来るので、濃い内容まで見やすいことはある。
一般的な情報から関連した深いところを調べやすいけれど、一般受けしなさそうな情報も新聞はちょっとした場所に小さくてものせているから目に入るけれど、インターネットの場合自分でそこまでいかなければ目につかない。
ごく最近では、米国の債務不履行になってしまうかもというニュースがとても気になる。
債務不履行状態になるわけないと思っていても、もしデフォルトになったら、他の国ももちろん影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。